homepage
マハリシ公開大学
ご案内
創立者の言葉
ヴェーダの知識
受講生の声
世界中の受講生
公開講座
講座紹介
開講日程
受講方法
申し込み手続き
マハリシチャンネル
番組紹介
申し込み手続き
地球的記者会見
ルドラビシェーク・ヤギャ
特別番組
世界平和基金
お問い合わせ
よくある質問
メールマガジン
メディア
プレスリリース
リンク

意識を系統的に発達させる技術

 意識の理論研究と、意識の直接体験が、マハリシ公開大学のプログラムの土台となります。この直接体験は、マハリシ・ヴェーダ科学の技術である、超越瞑想とヨーガのフライングを含むTMシディプログラムを通じて得ることができます。この技術は、容易に、自動的に、自然法の総合的知識を人間の意識の中に活性化します。

 この簡単で、自然で、努力の要らない意識の技術には、独特な効果があり、個人が人生のあらゆる面で、問題をなくし、願望を成就することを可能にします。30カ国の200以上の大学や研究機関で行われた600を超える科学的研究が、心、体、行動、社会に対する広範な恩恵を証明しています。これらの科学的発見を総合して見ると、マハリシの意識の技術を利用すれば、人生が次第に幸福で、健康で、進歩的なものになる、つまり次第に自然法に調和したものになる、ということが明らかになります。

 
超越瞑想とTMシディプログラムに関する研究結果の例
 
 
ストレスの減少
 
Chartストレスの減少
 
血漿コルチゾルは、ストレスホルモンです。この研究によると、超越瞑想を実践中、血漿コルチゾルが減少します。他方、通常の弛緩法を行った対照群の被験者には、有意な変化が現れませんでした。

参考文献: Adrenocortical activity during meditation, Hormones and Behavior 10(1): 54-60, 1978.

 
 
 
超越瞑想を規則的に実践している米国アイオワ州フェアフィールドのマハリシ経営大学の学生は、他のアイオワ州の大学の対照群の被験者と比べて、二年間の期間に知能が有意に向上しました。この結果は、マハリシ経営大学の学生の知能指数の向上を示す他の二つの研究結果を裏付けるものです。

参考文献 I: Transcendental Meditation and improved performance on intelligence-related measures: A longitudinal study, Personality and Individual Differences 12: 1105-1116, 1991.
参考文献 II: Longitudinal effects of the Transcendental Meditation and TM-Sidhi Programme on cognitive ability and cognitive style, Perceptual and Motor Skills 62: 731-738, 1986.

 
 
広い視野と鋭い集中力
(場からの独立性の向上)
 
Chart広い視野と鋭い集中力
 
場からの独立性(フィールド・インディペンデンス)は、体験を吸収し組み立てる能力の向上、心の組織化と認知の明晰さの向上、記憶力の向上、創造的な表現の向上、内面の準拠枠の安定と関連しています。研究結果は、超越瞑想の実践によって、場からの独立性が高まることを示しています。超越瞑想を実践している人々に見られるこのような向上は、注目に値します。なぜなら以前は、これらの基本的な知覚能力は、成人初期以降は向上しないと考えられていたからです。

Reference I: Influence of Transcendental Meditation upon autokinetic perception, Perceptual Motor Skills 39: 1031-1034, 1974.
Reference II: Longitudinal effects of the Transcendental Meditation and TM-Sidhi Programme on cognitive ability and cognitive style, Perceptual and Motor Skills 62: 731-738, 1986.

 
 
他の研究結果
 
  • 創造性の向上
  • 記憶力の向上
  • 脳機能の秩序の増大
  • 老化の過程の逆転
  • ストレスと不安の減少
  • 自信の向上
  • 家庭及び職場における人間関係の改善
 
これらの研究結果をまとめると、マハリシの意識の技術は、教育、健康、企業と産業、政府、防衛等、社会のあらゆる領域の問題を解決することができる、ということを示しています。これらの領域における研究結果を、一部ご紹介いたしましょう。

 
 
>>研究による確証2