マハリシ公開大学
ご案内
創立者の言葉
ヴェーダの知識
受講生の声
世界中の受講生
研究による確証
公開講座
講座紹介
開講日程
受講方法
申し込み手続き
学習センター
マハリシチャンネル
番組紹介
申し込み手続き
地球的記者会見
ルドラビシェーク・ヤギャ
特別番組
世界平和基金
お問い合わせ
よくある質問
メールマガジン
メディア
プレスリリース
リンク

ヴィシュワ・プラシャーサク・ラージャ・ラーム
 
(地球的管理者)の即位式
 
1998年に、世界で最も偉大な科学者であるトニー・ネイダー教授(医学博士、生理学博士)(ラージャー・ラーム)は、マハリシの指導のもと宇宙憲法に関する歴史的な発見を行い、体重と同じ重さの黄金を受賞しました。ネイダー教授が行った歴史的発見とは、人間の生理の基盤に、宇宙憲法(ヴェーダとヴェーダ文献)が存在することを科学的に明らかにしたことです。
 
この科学的な発見は、自然法に関する総合的知識すなわち多様性のなかに統一があり、統一のなかに多様性があることを見事に解き明かしました。

この知識は、すべての個人の地位を宇宙的な次元へと高め、また、自然法による平和で問題のない宇宙の管理の秘密を明らかにします。

 
この自然法の総合的知識の管理者として、ネイダー教授(ラージャ・ラーム)は、2000年10月12日、地球的世界平和の国の初代国王の位に即きました。 今後は、ヴィシュワ・プラシャーサク・ラージャ・ラーム(地球的管理者)という、ラームの王朝統治(自然法の統治)の伝統に則った称号によって、その栄誉が授けられることでしょう。
 
10月12〜16日には、ラージャビシェーク(ヴェーダの戴冠式式典)が執り行われ、マハリシ公開大学の衛星網を利用した衛星生中継を通じて、全世界の人々がその吉兆な儀式を見守りました。

 
そして10月17日、ラージャー・ラームは、彼の地球的政府の構造を発表しました。 それは、ヴェーダとヴェーダ文献の40の価値に対応した、40の省によって構成されています。

このラージャビシェークの儀式は、創造的知性(純粋知性に備わる無限の組織力の特質)を、地球的世界平和の国の初代国王の意識、生理、環境のなかに活性化し、さらに、彼の素晴らしい大臣閣議のなかに、また彼の地球的領土に住む国民一人一人のなかに活性化しました。

 
ヴィシュワ・プラシャーサク・ラージャ・ラームは、偉大な宇宙的支配者であるラームに由来する統治の輝かしい伝統を引き継いでいます。ラームの理想的な啓発された統治は、万人に、平和、幸福、繁栄、成就をもたらします。
 
上に戻る