homepage
マハリシ公開大学
ご案内
創立者の言葉
ヴェーダの知識
受講生の声
世界中の受講生
研究による確証
公開講座
講座紹介
開講日程
受講方法
申し込み手続き
マハリシチャンネル
番組紹介
申し込み手続き
地球的記者会見
ルドラビシェーク・ヤギャ
特別番組
世界平和基金
お問い合わせ
よくある質問
メールマガジン
メディア
プレスリリース
リンク

マハリシ
マハリシ公開大学の創立式典

総合的知識の門をすべての人に開く

聖マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー
 
「40年にわたり、世界中で超越瞑想を教えてきた今、公開大学を設立することは大変喜ばしいことです。この公開大学の目的は、万人のために総合的知識の領域を開くことにあります。この公開大学は、国際的な公開大学であり、世界各地のすべての人に総合的知識を提供します。学ぶ人の使える時間が長くても、短くても、週に1時間あるいは2時間しかなくても、非常に短い時間で総合的知識を提供します。」
 
 
意識に関する知識、
自然法の知識を教育の基礎に据えることの重要性
 
Flower「知識には組織力があることを、私たちは知っています。総合的知識には無限の組織力があります。数百年に渡る自然法の領域における科学的実験と調査によって、知識が展開する過程で、このことがあきらかにされました。大変幸運なことに、現代物理学はすべての自然法則の統一場を発見しました。しかも、この統一場は意識の場であることも発見されたのです。」

「意識に関する知識の全領域は、ヴェーダとヴェーダ文献の中に見いだすことができます。これは自然法の総合的知識と無限の組織力です。大変幸運なことに、ヴェーダとヴェーダ文献が万人の生理のなかに存在することが発見されました。総合的知識がすべての人の生理として具現化しているのです。この観点から見れば、すべての人が総合的知識の表れです。これが万人の生命の真実であれば、これが万人の生理の真実であれば、自然法の無限の組織力はすべての人の内側にあることになります。それが無限に多様な宇宙を統治しています。宇宙に行き渡っている完全な秩序は、自然法の総体の働きによるものです。」

「誰にでも意識があります。しかし教育は意識に基づいていません。誰もが意識を持っています。すべての人の体は意識の表れです。すべての人の振る舞いは意識の表れです。しかし完全な振る舞いは存在しません。なぜなら、教育が意識に基づいていないからです。マハリシ公開大学は意識に基づく教育、自然法の総体に関する教育を提供して、すべての人の意識を、自然法の総合的知性のレベルにまで高めることを可能にします。」

 
すべての人が自然法の管理者になることを可能にする
 
「すべての人は実際に、自然法の総体の表現であり、何でも行い、何でも知る能力を備えています。この能力は、万人の生まれながらの権利です。誰も、知識と行動の領域において、この生まれながらの権利を失わないようにするために、マハリシ公開大学は自然法に関するあらゆる知識をすべての人に提供します。これによって、非常に速いペースで、生まれながらの自然な行動能力が発達します。」

「今この科学の時代において、生理学、物理学、化学の分野の研究のおかげで、人類にはとてつもない可能性が開かれています。これらの知識すべてを、現代科学と、ヴェーダ科学から得ることができます。ヴェーダ科学が提供する、総合的知識と自然法の無限の組織力という宝のすべてを、現代科学のすべての発見と共に、世界中のすべての人に提供しなければなりません。」

 
Flower「総合的知識を教えて、すべての人を自然法の管理者にするために、このチャンネルを作ることにしたのです。現代通信の分野の専門家と、世界各地で40年間にわたり意識に基づく教育を指導してきた大学の優秀な教授陣全員が、この知識を広める仕組みを扱うことになります。今や、この知識の累積効果によって、すべての人の自己参照的意識は、あらゆる可能性の場である、という状況が明らかになっています。」
 
「誰もがすでに自分自身の自己参照する意識のなかに総合的知識を持っています。自己参照する意識は、超越瞑想によって、非常に早く、楽に、とても簡単に、体験することができます。そして膨大な科学的研究によって明らかになっていることですが、生命の良い特質のすべて、何でも良いことを行う能力すべてが、意識に関する知識を基盤として、すべての人の[意識]に現れます。」

「この知識が生命の質をあらゆる面から改善することは、世界中の研究によって証明されています。この知識は、子供の能力を向上させ、働いている人々の能力を向上させ、行政官の行政能力を改善し、農業従事者の農耕能力を改善し、ビジネスマンの能力を改善します。生命のあらゆる面において、意識に基づく教育は、新しい幸運な世界を創造することになるでしょう。」

 
上に戻る